薬剤師 将来性

薬剤師の今後について紹介します。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師として今後求められることとして、チーム医療の役割があります。

 

今までは、調剤室で薬剤を作るといったイメージがありましたが、
現在では医薬分業が進み、調剤業務の多くは院外薬局で行います。

 

病院薬剤師の場合、調剤業務よりも入院患者の服薬指導を行ったり、
医師と話し合いのうえで、患者さんに投与する薬剤の決定をしたりします。

 

 

このように、臨床薬剤師として活躍している薬剤師が増えてきていますね。

 

医療ミスの多くは、医薬品関係と言われています。

 

患者の薬歴や副作用歴を管理することや服薬指導などを徹底することで、
このようなミスは未然に防ぐことが出来るようになります。

 

なので、薬剤師が医療に積極的に関わることで、
患者さんの満足度を向上させることが出来るんです。

 

スポンサーリンク

 

他にも、地域密着型の薬剤師も非常に求められるようになってきています。

 

複数の病院に通院している患者さんでも、一つの薬局に処方箋を
任せることによって、重複投与や飲み合わせの問題などを防ぐことが可能です。

 

こういった、「かかりつけ薬局」の存在もすごく重要です。

 

かかりつけ薬局では、在宅で療養している患者さんの元へ行って、
服薬指導などをする訪問看護のような仕事も行っています。

 

地域に根差した活動をする薬剤師も、今後たくさん必要だと言えますね。

 

 

 

以上見てきたように、薬剤師の活動範囲もかなり幅広くなってきています。

 

ですから、薬学以外にも医学的な知識が必要になりますし、
どんどん専門性が増してくる職業だということが出来るでしょう。

 

責任が重いですが、それだけ社会的地位の高い職業なので、
非常にやりがいがあると思いますよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加