行政機関 薬剤師

行政機関での薬剤師の仕事について


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師は、各種行政機関などでも活躍をしています。

 

薬の専門知識を活かすことで、色々な場所から必要とされているんですね。

 

薬剤師の資格を持っていることで、公務員として働くこともできますから、
自分の可能性は非常に広くなるでしょう。

 

ここでは、その仕事内容の一例を紹介します。

 

 

保健所の薬剤師

 

主に国民の健康的な生活のための啓蒙活動が中心となります。

 

医薬品の製造販売に伴う許可や環境衛生や食品衛生に関する取り組み、
薬物乱用に関する啓発などと言ったものです。

 

また、厚生労働省からの依頼で各種統計資料を作成することもあります。

 

 

自衛隊の薬務官

 

自衛隊の中にも薬剤師が配属されています。

 

通常は他の隊員とともに訓練を行っていますけども、
自衛隊内部の環境衛生や食品衛生を管理する業務を担っています。

 

スポンサーリンク

 

麻薬取締官

 

国家公務員として働いている薬剤師の人もいます。

 

薬物の流通ルートの解明や取り締まりなどを行うことが業務の中心です。
警察と同じように拳銃を携行しながら任務を行っています。

 

麻薬Gメンとも言われていますね。
危険な仕事だと言えますが、非常にやりがいがあるでしょう。

 

 

研究所職員

 

化学者として様々な研究に取り組む仕事です。

 

研究内容は、場所によって多岐にわたりますけども、薬に関することから
化粧品、工業製品などまであります。

 

薬剤師の知識は、こういったところでも役に立っているんですね。

 

 

情報センター職員

 

各都道府県には、薬剤師会と言われる組織があります。
そこには薬事情報センターと呼ばれる施設があって、薬に関する情報を提供しています。

 

薬のコールセンターのようなものですね。
医薬品に関する服用法や注意点などの問い合わせに対応する部署です。

 

幅広い知識と迅速な情報処理の能力が求められる仕事でしょう。

 

 

 

以上のように、行政機関などでも薬剤師の仕事はたくさんあります。

 

公務員として安定的な生活をすることが出来るので、選択肢としては
非常におススメすることが出来ますよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加