メーカー 薬剤師

メーカーでの薬剤師の仕事について


このエントリーをはてなブックマークに追加  

各種企業においても、薬剤師が活躍していることがよくあります。

 

薬学の知識は、色々な分野で応用が可能なので、非常に重宝されますね。

 

以下に、一例を記載します。

 

 

化粧品メーカー

 

化粧品の研究開発にも、薬剤師が関わっていることがあります。
直接肌に付けて使用するものですから、安全性が保障されなければいけません。

 

なので、薬の知識を活かして、安全で美容効果の高い化粧品の開発が求められます。

 

看護師や美容師などとチームを組んで、開発に取り組んでいます。

 

また、最近では医師と共同開発している化粧品なども盛んに作られており、
そういった場合の交渉の場面でも、薬剤師としての知識が役に立つでしょう。

 

スポンサーリンク

 

■化粧品メーカーの資質のある人

 

1.化粧品に興味を持っている人

 

美への関心が高く、化粧品に対する改善点などを常に気に掛ける人が重要です。
研究開発には、好奇心が欠かせません。

 

 

2.健康食品や医薬品にも関心を持っている人

 

化粧品メーカーで扱う商品は、シャンプーや飲料関係など多岐にわたります。
そういったものへの興味が無いと、続ける事は難しいでしょう。

 

 

3.流行に敏感な人

 

化粧品業界の流れは非常に速いです。

 

常に消費者の求めているものを察知することが出来るように、
世の中の流れに対してアンテナを張っていなくてはいけません。

 

 

4.消費者目線で考える人

 

「この化粧品を買った人は、どう思うか?」といった事について、関心を
持っている人でないと、ヒット商品の開発は難しいでしょう。

 

マーケティングを意識しながら、開発をすることが求められます。

 

 

食料品メーカー

 

近年、食の安全が盛んに唱えられるようになっています。
そこで、食料品メーカーでも、安全に配慮した商品開発が進むようになりました。

 

薬剤師の知識が、非常に役に立つ職場だと言えますよね。

 

化学調味料や着色料などを薬学的な見地からみて、安全なのかどうかを
チェックするような業務を求められます。

 

また、健康食品やサプリメントの開発なども、積極的に行っています。

 

メーカーによって、扱う商品ジャンルは変わりますから、
自分が関心を持てる業務が出来るように検討をする必要があるでしょう。

 

 

こういった形で、薬剤師の資格を持っていることで、色々な働き口を
見つけることが出来るようになります。

 

専門知識を持っている資格は、有用性が非常に高いですから、
自分の将来性をしっかり考えたうえで、職場を見つけるようにしてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加