薬剤師 大学

薬系大学に入学する


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師になるためには、国家試験に合格する必要があります。

 

そして、国家試験の受験資格を得るためには、6年制の薬系大学を
卒業しなくてはいけません。

 

薬系大学には4年生のところもありますが、
6年制を卒業しないと試験資格を得る事は出来ないのです。

 

ですから、まずは大学に入学することが、薬剤師の登竜門だと言えるでしょう。

 

薬科大学か?総合大学薬学部か?

 

薬系大学には、「○○薬科大学」というような単科大学と、
「○○大学薬学部」というような総合大学との2つの種類があります。

 

受けるカリキュラムの内容などに、大きな違いがありません。
どちらの大学であっても、得られる知識に差は生まれないでしょう。

 

では、どういった点で異なっているのかというと、以下の通りです。

単科大学・・・薬剤師になるための大学。周りの人間も同じ目標を持っている
         生徒なので、一緒に頑張っていくことが出来る。

 

総合大学・・・色々な学部の生徒と交流することが出来るので、人脈が広がる。

 

どちらを選択してもメリットはありますから、自分の目的によって選択すれば良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

薬系大学が6年制の理由

 

2006年度から、薬系大学が6年制に変更しました。

 

理由としては、薬剤師に求められる知識や技能が高度になったためです。

 

臨床教育を充実させないと、日々進歩する医学界で薬に関するミスを無くし、
薬害の防止と薬の安全を担う人材は育成できないということでしょう。

 

実際、欧米諸国の薬系大学は、以前から6年制を採用していました。
ですから、欧米では薬剤師は最も信頼される職業だと言わるほど、薬学が進歩しています。

 

日本もそれを見習って、医療薬学系の科目を充実させて、
実習期間も6週間程度から5カ月に延長するようになりました。

 

6年制の薬系大学を卒業すると、薬学の博士号を得ることが出来ます。

 

薬剤師にになるためには、6年間勉強をし続けるだけの覚悟と、
学費などを捻出する家族の理解が必要になります。

 

大変な事ですが、薬剤師の仕事は今後さらに専門性が高くなって、
社会的地位も向上するでしょうから、目指す価値は十分にありますよ。

 

 

4年生の薬学部について

 

薬系大学の多くは6年制に移行しましたが、4年生の薬学部もあります。
先述したとおり、4年生だと薬剤師の国家試験の受験が出来ません。

 

ですから、4年生薬学部の生徒は、研究職やMRを目指すことになります。

 

化学を中心とした科目を学びますから、薬の開発のために必要な知識を得ることが出来るでしょう。

 

大手メーカーの商品開発部門などが、就職先として王道です。

 

ただ、どうしても薬剤師になりたいのであれば、大学院へ進学して
実務実習を行うことで、国家試験の受験資格が与えられます。
(2017年入学者までの特例措置)

 

 

薬剤師になるためには、非常に学ぶことが多く時間もかかります。

 

また、費用も掛かりますから、自分の将来を考えたうえで、
慎重に選択をするようにしてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加