薬剤師 大学

薬系大学で学ぶ内容とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬系大学が6年制に移行した理由としては、薬剤師の質を高めるためです。

 

具体的には、基礎と臨床の薬学科目とのバランスのとれた教育と
実務実習の長期化によって、実践的な能力の習得を目指します。

 

以下で、薬学科のカリキュラムの特徴を紹介します。

 

 

■1年次 : 薬学の基礎を習得する

 

薬学についての基礎的な内容を学習したり、
語学や体育、倫理学などと言った分野まで幅広く習得をします。

 

 

■2年次 : 薬学の本格的な内容を学ぶ

 

より専門的な薬学の科目が増えてきて、薬学に対して本格的に
足を踏み入れる時期だと言えるでしょう。

 

ここから難しくなってくるので、挫折しないように意識を高く持たなくてはいけません。

 

 

■3年次 : より高度な薬学の知識を習得

 

臨床につながる薬学である、薬理学、医薬品製造学、製剤学などを学びます。

 

実習も増えてきて、実際に軟膏などの薬を作ったり臨床現場に近い
知識を学び始める時期です。

 

 

■4年次 : 薬剤師として現場に出るための実践知識の習得

 

より専門度の高い科目で構成されており、後期からは研究室に所属します。

 

また、病院実習や薬局実習の準備として、事前実習も行われることになります。

 

 

■5年次 : 実務を通して薬剤師のスキルを磨く

 

病院実習と薬局実習を受けるためには、薬学共用試験に合格する必要があります。

 

これにパスして実務を積むことで、薬剤師として必要な技術を習得できます。

 

 

■6年次 : 薬剤師国家試験に向けた最終段階

 

国家試験に向けて、最終的な演習などに取り組みをする期間です。

 

卒業論文なども作成し、最終的な仕上げをする段階ですね。

 

スポンサーリンク

 

実習で現場を知るために

 

薬剤師の国家試験を受けるためには、必修科目の履修と
5か月間の実務実習を受ける必要があります。

 

実務実習を受けるためには、学内での事前実習を行ってから、
薬学共用試験に合格しなくてはいけません。

 

共用試験とは、薬剤師として働くために知っておくべき知識を問うためのものです。

 

 

薬学共用試験

 

共用試験はすべての薬系大学が同じ問題を使用して、
薬学の基本知識や患者とのコミュニケーション能力などを図るために行います。

 

試験方法としては、以下の2つがあります。

 

■CBT(知識及び問題解決能力を評価する客観試験)

 

主に知識を評価するための試験。

 

薬学生として最低限必要な知識を問う内容となっており、
真面目に科目を履修していれば問題なくクリアできる試験です。

 

 

■OSCE(技能・態度を評価する客観的臨床能力試験)

 

主に技能と態度を評価する試験。

 

模擬患者によるシュミレーションで行われます。

 

「患者・来客者対応」「薬剤の調製」「調剤鑑査」
「無菌操作の実践」「情報提供」の5つの項目を時間内に行います。

 

 

以上の2つの試験で、一定基準を上回ることが必要になります。

 

 

実務実習事前学習

 

実務実習に備えて、基本知識や技能を習得するためのものです。

 

処方箋、調剤、疑義紹介、服薬指導などについて1か月間で学びます。

 

 

実務実習で現場を知る

 

実務実習においては、病院実習と薬局実習を2か月半ずつ行います。

 

資格取得後に即戦力として活躍するために、実際の現場において
実習をすることになります。

 

 

病院実習について

 

以下の項目において、見学、実習、ディスカッションなどを通じて、
薬剤師としての知識や技能を身に付けることが求められます。

1.病院調剤の実践
2.医薬品を動かす・確保する
3.情報を正しく扱う
4.ベッドサイドで学ぶ
5.薬剤を作る
6.医療としての薬剤師の役割

 

 

薬局実習について

 

以下の項目において、見学、実習、ディスカッションなどを通じて、
薬剤師としての知識や技能を身に付けることが求められます。

1.薬局アイテムの管理
2.情報のアクセスと活用
3.薬局調剤の実践
4.薬局カウンターで学ぶ
5.地域医療の薬剤師の役割
6.薬局業務を総合的に学ぶ

 

これまで見てきたように、大学で学ぶ知識の内容としては非常にたくさんあります。

 

6年の間にしっかりと知識や技能を習得して、国家試験に
合格できるように努力をしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加