薬剤師 治験コーディネーター CRC

治験コーディネーター(CRC)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

治験コーディネーターとは、治験の進行状況を管理するスタッフの事です。

 

具体的な業務としては、治験の参加者に対して注意点を伝えたり、
質疑応答に答えたりなどを行わなくてはいけません。

 

また、不安に感じている患者さんの心のケアなどのフォローも必要なので、
これは非常に大切な職業だと言えるでしょう。

 

新薬の開発に関わる重要な業務ですから、やりがいを感じることが出来ます。

 

自分が管理した治験によって、新薬の発売が決まることで、
医療に対する貢献をしているという実感を得ることもできるでしょう。

 

そういった点から見ても、治験コーディネーターは魅力的な仕事です。

 

スポンサーリンク

 

薬剤師の資格保持者であれば、薬剤の基本的な知識がありますから、
新薬の意図もスムーズに理解することが出来ます。

 

なので、薬剤師としての力を発揮しやすい職場だと言えますね。

 

看護師出身の方も多い職種です。

 

患者とのコミュニケーションに長けているので、コチラも非常に求められている人材だと言えます。

 

CRCに求められることとしては、医学的な知識はもちろん、
患者さんやスタッフなどとコミュニケーションを図る能力が重要です。

 

その場をすべて管理して取り仕切るという立場上、
このようなリーダーシップや信頼を得る話し方などは身に付ける必要があります。

 

安全に的確に業務を遂行できるように、的確に指示を出したり、
患者さんを不安にさせないような迅速なサポートを意識するようにしましょう。

 

転職を考える人は、参考にしてみてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加