調剤薬局 薬剤師

調剤薬局での薬剤師の仕事を紹介します。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

近年、薬局における薬剤師の仕事は、変化してきました。

 

以前までであれば、単に薬を調剤して販売するだけだったのですが、
現在では、薬についての正しい知識を患者さんに伝える重要な役割があります。

 

つまり、患者さん一人一人に対して、健康の相談役となる必要があるということです。

 

アドバイザーとしての仕事が、重視されつつあるということですね。

 

最近だと、高齢社会に伴い複数の病院に通院している患者さんも増えてきました。

 

そういった場合、複数の病院から同じ薬や飲み合わせの相性が
悪い薬が処方される可能性もあります。

 

知識の無い患者さんの場合、大きな事故につながることもありますよね。

 

このようなリスクを避けるために、「かかりつけ薬局」の存在が重要視されています。

 

つまり、複数の病院の処方箋を一つの薬局に集めることで、
薬の種類や飲み合わせについてチェックをすることが出来るようになるんです。

 

患者さんの体質や薬歴などを管理することができ、
服薬指導やアドバイスなどをトータルで引き受けることが可能になります。

 

薬局薬剤師は、こういった役割が必要になっているということですね。

 

では、具体的な仕事内容を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

■処方箋の引き受け

 

医師から出された処方箋の受付をします。

 

患者さんの薬歴やアレルギー歴などと見合わせながら、
処方内容に問題が無いかどうかをチェックします。

 

少しでも疑問がある場合には、処方箋を発行した医師に問い合わせをして、
疑義紹介をする必要があります。

 

主に、重複投与や過去の副作用、飲み合わせの問題などがあたります。

 

全ての問題がクリアになってから、調剤に移らなければなりません。

 

 

■薬歴の管理

 

複数の病院に通院している場合、飲み合わせの問題で重大な副作用が
起きる薬の組み合わせが生じることがあります。

 

このようなリスクを無くすために、患者さんの服薬記録などを管理しています。

 

薬歴の内容は、主に以下のものです。

 

 

1.患者さんの略歴

 

アレルギー歴や副作用歴、生活環境などの簡単な患者さんのプロフィールです。
来局するたびに、最新の情報に更新をしていきます。

 

 

2.薬の処方記録

 

薬物治療を行う上で、薬の処方が適切でない場合があります。
治療の経過を判断するために、処方記録は重要な資料となります。

 

 

3.コミュニケーションの記録

 

薬剤師は、服薬指導などの際に患者さんとコミュニケーションを図ります。

 

その際に、会話した内容などの情報を記録することで、信頼関係を
築くために有効な手段となります。

 

薬剤師にとって、コミュニケーション能力は、欠かすことのできないものです。

 

 

4.治療上の問題点

 

患者さんの抱える悩みを引き出して、記録をしていきます。

 

薬剤師の立場として改善をすることが出来るように、満足度向上の
ために非常に重要な資料となるものです。

 

 

■服薬指導

 

薬の効果・効能、副作用の有無や注意点などを、分かりやすく説明します。

 

患者さんによっては、話を聞いてくれなかったり、言うとおりに
服薬をしてくれない場合もあります。

 

しっかりと信頼を築くために、コミュニケーションを図っていくことが、
薬剤師に求められることだと言えるでしょう。

 

患者さんが自発的に薬を飲もうとするように、意思の疎通を行ってください。

 

 

■保険点数の計算

 

保険点数によって、薬局での調剤報酬が決まります。

 

1点につき10円で、合計点数に10を掛けた金額が保険料の金額となります。

 

 

1.調剤基本料

 

1回の受付ごとに計算をします。

 

薬局の規模によって点数が変わるため、料金が異なります。

 

 

2.薬学管理料

 

患者さんごとに薬歴簿を作って、服薬指導を行うことで算定をします。

 

 

3.調剤料

 

薬を調剤するための技術料です。
薬剤によって料金が異なり、日数分により算定します。

 

 

4.薬剤料

 

国で定められた薬の料金(薬価)があり、それに基づいて算定します。

 

 

5.各種加算

 

特別技術や専門知識が必要な調剤に、加算される料金です。

・覚せい剤、毒薬、向精神薬加算
・自家製剤加算
・計量混合加算
・基準調剤加算

 

 

以上のように、薬局薬剤師の業務内容は、非常に幅広いです。

 

最も重要な事として、患者さんとのコミュニケーションがあります。

 

しっかりと信頼関係を構築して、「かかりつけ薬局」としての役割を果たせるように努力をしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加