薬剤師 志望動機

明確な志望動機を考えることの重要性


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師に限らず、転職活動をする上で大切なものは、「志望動機」です。

 

言い換えると、「この会社に入って、何がしたいのか?」ということ。

 

自分の希望がその職場で満たされなければ、転職をする意味がありません。
なので、自分の希望を言葉で伝えるために、志望動機が必要なのです。

 

 

しかし、単に自分の希望を伝えるだけでは、良い志望動機とは言えません。

 

「もっと薬学の知識を深めたい」というような願望を伝えたとしても、
「それだったら、他の会社でも出来るんじゃないですか?」と言われたら、どうしようもありませんよね。

 

なので、その職場に合わせた志望動機が必要になるわけです。

 

考えるプロセスは、以下のようにするとスムーズにいきます。

 

1.自分のやりたいことは何かを考える。
2.希望する職場の特徴を考える。
3.職場の特徴と自分の希望を合致させる。

 

この3つを意識することで、面接でも具体的に話すことが出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

 

自分のやりたいことは何かを考える。

 

まずは、これが重要ですね。
自分が何を目的としているのかを、明確にしなければいけません。

 

薬学の知識をさらに深めたい。
患者さんに合わせたケアをしっかりとやっていきたい。
患者さんの自宅を訪問したりなど、地域密着型の薬剤師として活動したい。

 

など、人によって色々な願望を持っていることでしょう。
なので、しっかりと自分の目的を整理してみてください。

 

 

希望する職場の特徴を考える。

 

面接を受ける予定の職場の特徴をしっかりと調べましょう。
実際に、足を運んでみても良いかもしれません。

 

患者さん一人ひとりと、しっかりとコンタクトを取っている。
服薬指導などが、非常に丁寧。
コミュニケーションを大切にしている。
教育制度が充実している。

 

など、色々と職場によって、特徴があるはずです。
ホームページなどを見てみると、それぞれのコンセプトなどを知ることが出来ます。

 

 

職場の特徴と自分の希望を合致させる。

 

ここが最大のポイントです。
上記のプロセスで、自分の希望と職場の特徴を整理することが出来ました。

 

今度は、それらを合致させて志望動機を作り上げます。

 

たとえば、自分の希望が「薬学の知識をさらに深めたい。」だったとして、
職場が、「教育制度が充実している。」という特徴があった場合、
「御社の学べる環境で、自分の知識を深めたい」という志望動機を作ることができます。

 

つまり、「自分の希望を叶えるために、御社を選びました。」と説明できれば良いわけです。

 

そうすれば、論理的に整合性のある動機なので、
面接官にも良い印象を与えることが出来るでしょう。

 

単純に、自分の希望だけを伝えるのではなくて、その職場を考慮した動機を
話すことが出来るように、しっかりと準備するようにしてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加