病院 薬剤師

病院薬剤師の仕事内容を解説します


このエントリーをはてなブックマークに追加  

近年では、医薬分業が医療業界全体で提唱されるようになりました。

 

それによって、薬剤師が行う業務内容に関しても変化が見られるように
なっています。

 

調剤業務中心の内容から、入院患者のケア中心の業態になりつつあります。

 

主な内容としては、病棟での入院患者の服薬指導です。

 

患者さんとしっかりとコミュニケーションを図りつつ、今までの薬歴や
アレルギー、副作用歴などを把握しなければいけません。

 

それによって、今後どのように薬物療法を行っていくのかを
簡潔に説明することが重要です。

 

さらに、薬の服用に対する患者さんの不安を、取り除く作業も必要になります。

 

このように、患者さんとしっかりと対話することで業務を行いますから、
コミュニケーション能力は必要不可欠となりますね。

 

そして、薬物治療が開始すると、患者さんに副作用やアレルギー反応が
起きていないかということをチェックします。

 

問題があれば、医師と相談のうえで、服薬内容を変更しなくてはいけません。

 

こういった医師と連携して治療内容の改善を図るためのチーム医療としての
役割が今後の薬剤師に求められていることです。

 

スポンサーリンク

 

リスク管理について

 

ニュースなどで医療ミスの事故は、たまに見かけることですよね。

 

実際、医療ミスの多くは、医薬品関係によるものなんです。

 

ですので、事故が起きないために、適切に医薬品が使用されるように
リスク管理を行うことも薬剤師の責務となっています。

 

 

■調剤業務

 

これは、単に薬を調剤するだけの仕事ではありません。

 

処方箋の内容をチェックして、飲み合わせの相性や用法・用量が
適切な内容かということを確認します。

 

疑問点があれば、担当の医師に照会をしましょう。(処方監査)

 

そして、問題が無ければ調剤を行い、別の薬剤師がそれを再びチェックします。(計量鑑査)

 

このようにして出来上がった薬を患者さんに渡すのですが、
その際にも服用の方法や注意点などをしっかりと説明をします。(服薬指導)

 

今までの一連の流れを調剤業務と呼びます。

 

事故が起きないように、細心の注意を払う必要があるでしょう。

 

 

■製剤業務

 

薬剤師が調剤する薬は、基本的には製薬会社が製造したものです。

 

しかし、ニーズが極端に少ない薬や特殊な技術が必要な薬剤に関しては、
製薬会社では製造をしていない場合もあります。

 

このような薬が必要になった場合には、病院の薬剤師が製剤することになります。

 

特殊な機材を使用して製剤するので、専門知識や経験が必要となります。
失敗の無いように、神経を使って行わなければいけません。

 

 

■薬品管理業務

 

病院内で処方されている薬は、何千種類にも及びます。

 

それらを適切に使用するために、在庫などを管理することも薬剤師の仕事です。

 

使用期限がいつまで残っているかを把握したり、在庫が切れないように
適切な量を供給したりと、常に気を配っておくべきところですね。

 

また、劇薬など危険な薬剤に関しては、紛失が無いように鍵付きの保管庫に
厳重に保管しなくてはいけません。

 

 

■医薬品情報管理業務

 

医薬品に関する情報は、毎日のように追加・変更があります。

 

薬剤師は、こういった情報を随時入手して、分かりやすい形で、
医師や看護師に情報共有をしなくてはいけません。

 

医薬品に関する情報は、非常に重要ですから共有することが不可欠です。

 

 

■医薬品試験業務

 

薬剤を使用する上で、しっかりとしたデータを取ることが必要です。

 

そのため、病院内では様々な試験を行っています。

 

主なものとして、「化学的試験」「物理的試験」「生物的試験」
「製剤試験」「五感試験」などを行います。

 

ここで得られた結果によって、適切な用量などを決定します。

 

 

■注射薬調剤

 

病院での調剤の業務として、注射薬の製剤をすることもあります。

 

注射薬は、緊急性の高いものや高額な薬品が多いため注意が必要です。

 

無菌室などで慎重に調剤を行うことになります。

 

 

以上のように、病院薬剤師に求められることとしては、患者さんとのコミュニケーションであったり、
リスク回避の薬剤管理など、やることが非常に多いです。

 

ですから、常に神経を光らせて業務に当たる必要がありますね。





このエントリーをはてなブックマークに追加