薬剤師 ドラッグストア

ドラックストアでの薬剤師の仕事について


このエントリーをはてなブックマークに追加  

街のドラッグストアでも、色々な薬が販売されていますよね。

 

ですから、そういったところでも、顧客にくするの説明を的確に行うことが
出来るように薬剤師が必要とされています。

 

店によって陳列する薬の種類が変わりますし、店舗の方針なども
異なりますから、その場に応じた適応力が求められる仕事だと言えるでしょう。

 

ドラッグストアは営利目的で運営されていますから、当然売り上げのアップを求められる世界です。
なので、顧客の症状に合わせて医薬品を販売する業務がメインです。

 

適切な薬を選択して、服用に関する注意点などを説明するようにしてください。
その内容によっては、お客さんが求める薬とは別の商品が必要になることもあるかもしれません。
そういった場合に、的確に説明をすることが出来る能力が重要ですね。

 

スポンサーリンク

 

他にも、薬の在庫管理や発注、アルバイトのシフト管理なども求められる事があります。

 

薬剤師としてだけではなくて、店舗の従業員として仕事をするわけですから、
薬以外の業務も増えてきますね。

 

なので、調剤を主に行いたいと思っている人には、向いていないかもしれません。
ただ、最近だとドラッグストア内に調剤室を設けているところもあり、
そこでは専門的な調剤なども行うことが出来るようになります。

 

そういった面がありますから、自分のニーズに合わせて店舗を選択する
ことが出来れば、非常にやりがいのある仕事をすることが出来るようになるでしょう。

 

転職をする際には、検討をしてみることをおススメしますよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加