薬剤師 仕事内容

薬剤師の仕事内容について解説


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師が行う仕事内容は、多岐にわたります。

 

薬にまつわる業務全般だということが出来ますが、
その内容を見ていきましょう。

 

調剤業務

 

調剤と言えば、処方箋を見ながら薬を配合するだけの単純な仕事かと
思われがちですけども、そんなことはありません。

 

処方箋を見て、医学的、薬学的、法的に問題が無いかチェックしたのち、
薬と配合して患者さんに手渡すという一連の流れを言います。

 

※処方箋
医師が作成した薬の配合法や服用法を示唆する書類。
処方箋の記載事項は、法律で決められています。
(患者の氏名、年齢、薬名、分量、記載年月日、医師の署名など)
種類として、外来処方箋、入院処方箋、麻薬処方箋、注射処方箋などがある。

 

スポンサーリンク

 

調剤の流れは、以下のようになっています。

 

1.処方箋のチェック
・法律で定められた記載がされているか。
・患者の年齢や状態に適した用法、用量であるか。
・薬歴をチェックして、アレルギーや副作用の心配がないか。
・保険調剤か、保険外調剤か。
・飲み合わせによる相互作用、副作用が無いか。

 

2.薬袋の作成
・法律で定められている記載内容を書く。
(患者の氏名、用法、用量、調剤年月日、薬剤師名など)
・服用についての注意点などを書く。

 

3.調剤
処方箋に基づいて、薬の配合を行う。

 

4.鑑査
調剤とは別の薬剤師が、最終確認をする。

 

 

調剤のミスは、絶対にあってはならないことです。
ですから、上記のような工程を踏んで厳重に行っています。

 

 

服薬指導

 

患者さんが調剤した薬剤を正しく使用することが出来るように、薬剤についての
効果・効能、使用上の注意点などについて説明を行う業務です。

 

また、患者さんから質問があった際にも、的確に回答しなければいけません。
服薬に対する不安を取り除くための、大切な仕事ですね。

 

この服薬指導は、これからの薬剤師にとって非常に求められている業務です。
病院薬剤師などは、病棟内で入院患者に服薬指導を行うことが多いです。

 

そして、訪問看護においても、薬剤師が患者さん宅に訪問して
薬剤の指導をする場合もあります。

 

このように、患者さんとのコミュニケーション能力なども、
非常に必要な仕事だと言えるでしょう。

 

 

医薬品管理

 

薬剤の品質・在庫管理なども、薬剤師の重要な仕事の一つです。

 

薬には使用期限がありますから、古いものは破棄する必要がありますし、
新しいものを購入しなくてはいけません。

 

ただ、在庫が増えすぎても無駄になりますから、そういった調整は非常に難しいです。

 

日々の薬の流通を知っておかないとできませんから、ある程度の経験が必要ですね。

 

また、薬剤の中には、悪用されると大変危険なものもたくさんあります。
そういった薬を厳重に保管することも、薬剤師が責任を持って行わなければいけません。

 

 

医薬品の製造、販売

 

製薬会社で新薬を製造したり、海外からの輸入、販売などにおいても、
薬剤師が関わっていることが多いです。

 

他にも、ドラッグストアなどで売っている大衆薬の販売も薬剤師が行います。
処方箋なしで購入できる薬であっても、専門家の管理のもとで販売されるんですね。

 

 

薬事衛生

 

医療用の薬剤以外にも、化粧品や医薬部外品などの製造販売にも
薬剤師が積極的に加入しています。

 

他にも、大気汚染や土壌汚染などの環境衛生管理、
食品添加物などの食品衛生管理などを行っている薬剤師もいます。

 

 

以上で見てきたように、薬剤師と言っても色々な仕事内容があることが分かるでしょう。

 

人々の安全な生活を守るための重要な仕事です。
非常にやりがいがあって、社会的地位の高い職業だと言えますね。





このエントリーをはてなブックマークに追加