薬剤師 活躍

薬剤師の活躍場所について解説します。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師が働く場所と言えば、病院や薬局を思い浮かべると思いますが、
実際には、それだけではありません。

 

もっと幅広い場所で、薬剤師は活躍をしています。
その一例を紹介しましょう。

 

 

薬局

 

薬局は、大きく分けて「薬局」と「保険薬局」の2つがあります。

 

医師の発行した処方箋を受け付けているのは、保険薬局です。
調剤薬局とも言われますね。

 

保険薬局で行う業務は、主に調剤、薬歴管理、服薬指導などがあります。

 

 

一方、薬局では、一般用医薬品の販売を行っています。
一般用医薬品とは、処方箋が無くても購入可能な薬のことです。

 

手軽に買える薬剤ですが、誤った服用をすると人体に悪影響を与える
可能性があるため、薬剤師が適切な指導の下で販売しています。

 

スポンサーリンク

 

病院

 

病院の調剤室で行う仕事内容は、保険薬局と変わりません。
医師の処方箋をチェック後に、調剤して患者さんに服薬指導を行います。

 

ですが、医薬分業が進むにつれて、院外薬局での調剤が増えたため、
病院薬剤師の業務としては、病棟での患者さんに対する服薬指導が主になっています。

 

さらに、医師と相談の元、治療に使用する薬剤を検討したりといった、
チーム医療としての役割も増えてきていますね。

 

 

製薬会社

 

製薬会社では、医薬品の開発、製造、販売など薬に関する業務の全般を担っています。
そして、そこでは薬剤師も働いています。

 

主な業務としては、以下の3つがあります。

 

1.新薬の開発
一つの薬が出来るまでには、様々な試験を行います。
そういったデータを収集して管理するといった業務が薬剤師の仕事です。

 

莫大な費用と膨大な時間が掛かるものなので、非常に責任重大だと言えるでしょう。

 

 

2.治験による開発担当

 

新薬が完成して販売を開始するためには、厚生労働省の許可が必要です。
その許可を得るための臨床試験は、第三者機関を通じて行います。
そういった場合に、製薬会社の窓口として外渉業務を行うのも薬剤師です。

 

新薬開発の最終段階ですので、これも責任のある仕事ですね。

 

 

3.学校や行政機関の衛生管理

 

学校薬剤師として、プールの水質管理や給食などの食品衛生を行うこともあります。
これは、専業ではなくて教育委員会から委託されて行う仕事です。

 

また、自治体からの依頼で水質汚染や大気汚染などの環境衛生などの仕事もあります。

 

 

他にも、化学メーカーで特殊な薬品を管理したり、化粧品や健康食品メーカーで
製造、販売に携わったりしている薬剤師もいます。

 

色々な場所で活躍することが出来る職業なので、非常に広い可能性がありますね。





このエントリーをはてなブックマークに追加