薬剤師 適正

薬剤師に向いているのは、どんな人?


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師の仕事は、人々の生活を担うための大切な業務です。
なので、どんな人でもなれるわけではありません。

 

もちろん、国家試験に合格することで、薬剤師の資格を得ることができます。

 

ですが、薬剤師の適性を持っていないと、長く続けることは難しいでしょう。

 

ここでは、薬剤師に必要な要素について紹介します。

 

医療という分野での仕事に意義を感じている人

 

近年では、薬剤師にもチーム医療としての役割が求められるようになってきました。
そのため、薬学だけでなく医学の知識も必要になってきています。
なので、医療業界の一端を担う大切な業務だという自覚を持って仕事をしなければいけません。

 

また、薬剤には使用法を間違えると人体に悪影響を及ぼすものもたくさんあります。
そのため、そのような危険物を扱っているという責任感を持って
仕事をを行うといった心構えも必要になってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

的確に精度の高い仕事が出来る人

 

薬の調剤を行う際には、分量や種類などは絶対に間違えてはいけません。
そのようなミスで、患者さんの命を奪ってしまう危険もあるわけです。

 

薬局などでは、ミスを無くすための鑑査を徹底したり、対策をしています。
しかし、最も大切な事は、薬剤師自身が丁寧に正確に仕事をこなすことです。

 

なので、注意力に欠ける人は、薬剤師には向いていないと言えるでしょう。

 

 

他人とのコミュニケーションが好きな人

 

薬剤師の業務の一つに、服薬指導があります。

 

これは患者さん一人一人に、薬の効果や用法・用量、注意事項などを
分かりやすく簡潔に説明する能力が不可欠です。

 

同じ薬剤でも患者さんのタイプによって説明の仕方を変えたりといった
工夫が非常に大切になってきます。

 

ですから、人と話すことが好きであるということが重要ですね。

 

また、チーム医療の一員として、医師や看護師などと意見交換を
する場面もたくさんあります。

 

そういった場合に、自分の意見を的確に伝えることが出来る能力が必要です。

 

 

好奇心が強く、常に学ぶ気持ちを持っている人

 

薬剤師の資格は国家試験に合格する必要がありますから、
それなりの勉強をすることが必要です。

 

しかし、資格取得後も、ずっと勉強は続けなくてはいけません。

 

医学は常に進歩しているので、新薬がどんどん出てきますし、
病棟勤務の場合には、薬学以外にも医学の知識が必要になります。

 

ですから、医療という世界に関心を持ち、常に新しい知識を
学び続けるという気持ちを持つ必要があるでしょう。

 

 

体力・精神力がある人

 

まず、薬剤師になるために、かなりハードな勉強をしなければいけません。
ある程度の体力を持っていないと、コレをこなすことは難しいでしょう。

 

また、薬剤師としての仕事を始めたとしても、繁忙期になると
患者さんがたくさん訪れるため、仕事にもスピードが求められます。

 

それだけの仕事量をこなすためにも、体力は必要ですね。

 

さらに、調剤などではミスが許されません。
肉体的に疲れている状態であっても、完璧な仕事ができるような精神力も必要になってきます。

 

 

以上のように、薬剤師として仕事をしていくためには、ある程度の
適性がある人でないといけないということが分かると思います。

 

なので、興味本位で飛び込むのではなくて、しっかりと考えたうえで、
薬剤師を目指すようにしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加